2020年02月11日

友チョコ作り

もうすぐバレンタインデー。



今年は娘ふたりとも
手作りがしたいと言い出し

『ああ、ついに来たか』
と半ばあきらめ
手作りにチャレンジすることに。



手作りしたいものの
何を作ればいいかわからず
企画の段階から
『お母さ~ん』


家にある製菓の本と
ネット検索でも決まらず

大型書店まで足を運びました。


悩んだ結果
長女と次女で違うものを作ることに (; ̄Д ̄)


作業工程の7割くらいを私が担当し
(次女は仕方ないですが・・長女よ・・・)

ついでに費用も100%母負担。


お~~い、お小遣いはどこへ行った???


自分たちの懐が痛まないせいか
デコレーション材料やラッピンググッズを
次々にカゴへ入れてくる子ども達・・・


2種類のお菓子を半日で作り
すでにヘロヘロ。

試食でおなかも一杯です。



そして長女よ。
まだ本命はないのかね?(フフフ・・)


sekkachimama at 22:41コメント(2)日常  

2020年02月09日

公開学力テスト-2月

小5として最初に受ける公開学力テスト。

はじめての社会に
(次女は4年生では3教科でした)
はじめての国語(記述力錬成)。


はじめての教科は悪くても気にしないで~~~

と言いはしたものの・・・・




『国語(記述)、0点かも・・・』
という次女。

(((( ;゚д゚)))


一応は書けるところは書いたようですが
部分点に期待。


社会も学校で今習っている
都道府県と県庁所在地
以外はボロボロのよう。

ま、ま・・・まぁ、今後に期待。



先月やらかした算数は
時間配分と取捨選択はできたよう。

な・の・に

大問1番の①という
もっとも簡単な計算問題をミス Σ(゚д゚;)

大問2でも・・・





今回は全体的に相当悪いようで

自己採点中にどんどん暗くなり

『もう丸つけしたくない・・・・』



こたつの中にもぐってしまいました。




やり直しをして
次頑張ろう!!



2020年01月24日

塾のテキスト

来月から塾では新学年。

テキストの購入時期になります。

初回は全教科の第1分冊と補助テキストを一括購入なので
かなりの高額になります。
社会も取ると約27000円 (((( ;゚д゚)))

4年生の3教科Web講座の受講料よりお高いです 。
゜゜(´□`。)°゜。


うちは長女も浜学園でしたので
使えるテキストはそのまま使います。

算数は長年改訂がされていないので問題なく使えるのですが

国語と理科で半分
社会に至っては全部 (゚ロ゚;)エェッ!?
が改訂されていて
大ショックです・・・


ショックを受けている横で
長女が
『まぁ社会は毎年新しいことが増えるから仕方ないよ』
と。


本当にテキスト代はバカになりません。

2020年01月12日

時間配分と取捨選択

今日は浜学園の公開学力テストでした。


終わるなり

「国語はけっこうできたけど、算数が全然できなかった」
「理科は普通」

と連絡が。



帰ってすぐに自己採点。



国語は本人の申告通り
『何があった!?』
と目を疑うような高得点が w(*゚o゚*)w

説明文で比較的わかりやすかったのかも。
漢字をミスしたのがもったいなかった~~~


理科は冬休み中
冬期講習を取らない代わりに
生物分野のやり直しを少ししたのですが

苦手と言っていた「星の動き」まではできず・・・
マズいなぁと思っていたら
公開学力テストでしっかり出題されていました (>_<)


算数。

これはやっちゃいました。
完全な時間配分ミスです。
もうちょっと詳しく説明しておけばよかった・・・

『とにかく大問1と大問2をしっかり解くように』
『大問3・4・5はできなくてもいいから』
『時間が余ったら、大問3・4・5の①からやる』

と伝えていました。

大問3・4・5でも①は比較的簡単な問題も多く
大問1・2で時間がかかったりつまづく問題があったなら
先に大問3・4・5の①を解く方が効率がいい。

今回、大問1・2で時間をかけすぎた結果
大問3・4・5はまったく手を付けず・・・

『とにかく大問1と大問2をしっかりと』
『大問3・4・5は時間が余ったら』
と言うとおりにしておりました。。

家に帰ってから大問3・4・5を解くと
全9問中4問は簡単にさっと解いていました。

もったいない~~~。
16点分も!!

完全に問題の取捨選択・時間配分の伝え漏れミスです。


大問1・2は1問1分くらいで解けないなら
飛ばして先に進み

大問3・4・5の問題をさっと読んで
①→②と取り組み
時間がかかりそうなら先に進む。

それから大問1・2でつまづいたところへ戻る。

『次からそうしようね』
と次女に言うと
『時間配分なんて考えてなかった~~』
『あと何分かな?って時計見るだけだった~』
と。

┏(=_=;)┓ガックリ





2019年12月12日

苦手な数学の克服になるか!?

本当にほんと~~に数学が壊滅的な長女。


根本的なところを理解できていないのか
宿題はできてもテストはできず。

中学受験の時も算数で苦労し
数学でも・・・


数学は算数とは違うし
演習を何回もすればできるようになるだろうと
様子を見ていた(甘い夢を見ていた?)のですが

机に向かっている時間のわりに
一向に成績は浮上せず。


どうしたものかと思っていたところに
担任の先生が勧めてくださった本


を思い出しました。


中は数学の教科書のわりに
圧倒的な文章量。
数式や図形より文章が多い (;^ω^)

ユーモアを交えた会話形式で話が進んでいき
マンガ形式のコラムもあり
読み物としても面白いです。


これなら本好きの長女なら読んでくれるかも
と思い購入。


本を長女に見せたときは
嫌そうな顔をしていましたが

ちょうど数学の宿題をしており
その範囲の内容のページを開いて
『まぁまぁいいから、一度読んでみ?』
と、ちょっぴり強引に渡しました。


しぶしぶ読み始めた娘ですが

『あの本、めっちゃわかりやすいわ』
とサムズアップしながら
報告に来てました (*´∇`*)

一気に全部読んだようです。

もちろん、これを読んだだけで
飛躍的に数学ができるようになるとは思いませんが
(受験勉強的には繰り返しの演習は必須です)

数学の概念がわからないまま
なんとなく習ったことを反復しているだけの長女には
やっていることの意味を考えながら問題に向き合えるようになるかもしれません。

この本をきっかけに
数学への向き合い方に変化が出ればいいなと思います。

そして、できれば苦手意識の克服を!!



この本、裏表紙に
「R16 中学生は決して読まないでください。」
5~6時間で中学数学が終わってしまう「禁断の書」ついに発刊!
との記載が (笑)
ユーモアあふれる1冊でした。






おまけ


大学共通テストの数学・国語での記述式を
延期する方針であると正式に発表されましたね。

英語の試験のリスニングと筆記試験の配点割合や
問題の内容を従来の知識を問う問題を減らし
資料を正しく読み取れるかなどの思考力を問う問題が増える
という点は変わらないままなのかな?





sekkachimama at 23:42コメント(4) | 中2 
記事検索
ギャラリー
  • おもしろ地図
  • 大塚国際美術館
  • 大塚国際美術館
  • 大塚国際美術館
  • 大塚国際美術館
  • 大塚国際美術館